車を大事に維持させるためにはプロテクションフィルムがいい

Paint Protection
Paint Protection
マイカーを大事に乗り続けることは、車のオーナーだったなら、誰でも普通に願うことでしょう。

でも、大事にしたいと思えば思う程、傷つけたり汚したりするものです。

そんな時に、車のボディやバンパー、ガラスをガードしてくれるのが、プロテクションフィルムです。車を走らせていると、自分が意識でして運転していても、どうしても不可抗力が発生することが少なくありません。

高速道路を走っていると、それだけで小さな石の粒が飛んできて、フロントガラスを傷つけます。

また、駐停車の時でも、バックさせている最中にブロック塀をボディを擦って、バンパーに傷が入ることもあるでしょう。

そんな時には、とても落ち込んでしまいます。 

プロテクションフィルムは、そのような時に覆いに効果を発揮してくれるのです。

このフィルムをボデイに貼ることにより、薄い膜がボディを守るので、ガラスに石が当たったり、壁をぶつけても、少々の衝撃であれば守ってくれるわけです。

また、水垢も防いでくれます。

車をていねいに洗っても、初めはワックスで艶がキープされますが、青空駐車場に停めている車はどうしても汚れがちで水垢が残ってしまいます。

しかし、フィルムの膜のおかげでそれも不正でくれるので、傷からの心配、汚れからの心配から開放されるために、こよなく車を愛する人々の必須アイテムになっています。